ケアプランは

介護サービスを受けることにになった場合、そのケアプランがとても重要になってきます。
そのケアプランとはどのようなものなのでしょうか?
ケアプランとは、介護支援専門員、つまりさきほど説明した「ケアマネージャー」が、サービスを利用する人の、身体の機能的な状態、そして、精神的な状態など、あやゆる要素をふまえて作成する、介護サービスの計画書のことをいいます。
介護を受ける人に合わせて、1ヶ月の間にどのようなサービスを受けるか、どのくらいの日にちをサービスに通うのか、時間はどのくらいが適切か、生活の援助は必要か、など、ニーズを拾い、的確に把握することで、適切なケアプランの設定ができるのです。
ケアプランは、このように、実際に施設の利用や、施設内の機器、用具の利用などを含めて、サービスを受ける当人、その家族、医療機関と連携して相談することで、決定してゆくのです。
これらに細心の注意を払い、専門的な知識をもって、サービスを利用する人が意欲的に目的達成を目指すことができ、また介護をされるご家族もより、安心して生活をすごすことができるように、最善のケアプランを作成する必要があります。

ホームに戻る