デイサービスと訪問介護の違い

近頃注目を浴び、世間一般にも周知が進んできた、デイサービス。
よく混同してしまいがちなのが、訪問介護です。
デイサービスと訪問介護。
この二つの介護サービスの違いは、あなたはご存知ですか?
デイサービスとは、基本的に自宅から、看護を受ける施設へと利用者が通うというタイプの看護サービスです。
これに対し、訪問介護はホームヘルプサービスとも呼ばれ、自宅で介護サービスを受けるタイプのサービスなのです。
ホームヘルパーさんというとイメージがつきやすいのではないでしょうか。
訪問介護の場合、具体的には食事や入浴、排泄など、一人では困難であることに対してサポートを行う身体介護が行われます。
また、サービスの利用者が生活している場、つまり家の掃除、洗濯、ゴミ出し、食事の準備、買い物、など、人としての生活を保つために必要な作業を代行することもあり、これを生活援助といいます。
以上のように、身体の機能向上を目指すデイサービスと、生活において一人では困難なことをサポートする訪問介護ではその内容に違いがあるのですね。
どちらも、サービスの利用者が、できるだけ自力で生活を送れるように目的をもってサービスを受けるということは同じなのです。

ホームに戻る