介護保険とは

さて、これまで、必要とする介護サービスを受けるための申請についてお話してきましたが、そもそも、介護保険についてみなさんは良くご存知ですか?
介護保険とは、どのような人が対象となり、サービスを受けることができるのでしょうか。
介護保険において、被保険者として対象となるのは、40歳以上のすべての人々です。
これは、特別になんらかの介護保険に加入する、という形ではなく、40歳になったら、そこから自動的に加入となるシステムなのです。
その介護保険のなかには正式には、「第一号保険者」と「第二号保険者」と2つに分類されています。
これは、前者が65歳以上で、後者は40歳から64歳で健康保険に加入している人、という風に定義がされているのです。
第一被保険者の場合には、医療保険被保険者証、つまり健康保険証ですね、これと同様に、介護保険被保険者証というものが郵送で届くようになっています。
第二被保険者の場合ですと、要介護となった場合、申請をして、認定がされてはじめて認定通知書と一緒に介護保険証が送られてくる、というしくみです。

ホームに戻る