自宅に訪問する介護サ-ビスはどんなものがあるか?

●訪問介護(ホームヘルプ)
●訪問入浴介護
●訪問介護
●訪問リハビリテーション
●夜間対応型訪問介護
●定期巡回、随時対応型訪問介護
などがあります、いずれもこれらのサービスを受けた方々が各々で自立できて日常生活ができやるようにサポートするようなものである。
では1つ1つ見ていきましょう。
●訪問介護
サービスを受ける方の家を訪問して、生活をサポート掃除、洗濯、買い物や料理をするのと、身体の介護、食事入浴排泄のサポートをする。場所によっては、通院や移動などのサポートもある。
●訪問入浴介護
看護職員と介護職員が訪問して、持参した水槽で入浴と介護をする。
●訪問介護
看護師などが、主治医の指示に基づいて診療の補助をする。利用する方の心身の回復をサポートする。
●訪問リハビリテーション
言語視覚士、作業療法士が訪問して、日常生活ができるようにサポートする。
●夜間対応型訪問介護
訪問介護員が24時間体制で対応してくれる。
●定期巡回、随時対応型訪問介護

介護と看護両方のサービスが必要の時に受けもの。
みなさんは、介護認定という言葉を聞いたことがありますか?

市や区が介護が必要と認められたら、介護サービスが受けれるというのは、ご存じですか?

介護が認められるには、市や区の役所(その地域によって、名称は違います)に申請をして、次に審査や調査があって、介護が必要な等級が決まります。
申請してから、認定のお知らせまで、約ひと月ぐらいかかるそうです。
介護が必要と認めらたら、その等級で定められた範囲内であれば、掛かった費用の1割を支払うだけで、利用できます、
どんなサービスをどれだけ受けるかは、介護サービスプランをたてる必要性があります。

全てを一人で抱え込まないで、このような介護サ-ビスを上手に使って、大切な家族の介護をするのをおすすめいたします。

ホームに戻る